ホーム建設資材事業>テンサー(補強土壁工法)

テンサー(補強土壁工法)

体成形により強固な交点をもつジオグリッドテンサーを盛土 中に水平に全面敷設することで、土を強く拘束し土構造物の 安定化を図る工法です。道路、鉄道、処分場、河川などの急 勾配な盛土建設に最適な工法です。



*テンサーは図面対応にて、規格及び関連資材を含めた数量の確認を致します。
また設計段階の場合は弊社へ直接問合せ下さい。

FW工法

溶接金鋼製軽量壁面材とテンサーを基本部材とした補強土壁工法です。 枠材はクリッパー等を使用して現場で自由に切断できるためコーナーやカーブ、 縦横勾配にも対応できます。


SX工法

施工性に重点をおいたエキスパンドメタル製の鋼製枠とジオグリッドテンサーを基本 部材とした補強土壁工法です。直線性の高い現場での施工に優れています。 テンサーの取り付けも容易で強固な連結強度を有しています。